Warning: Illegal string offset 'sheader_upload' in /home/deaou/ufjt.org/public_html/wp-content/themes/9021/header.php on line 84
【プロミス】審査に通らない7つの理由!即日審査で気をつける3ポイント

申し込む前に再確認!プロミスの審査基準とは?

基本的なプロミスの審査基準と言えば、「年齢20~69歳で本人に安定した収入のある人」となっており、本人に安定した収入があれば、アルバイトやパートでも申し込みがOKになっています。なので、学生でもアルバイトなどで安定した収入があれば、申し込みを行う事は、可能になってきます。しかし、パートなどを行っている主婦は問題ないのですが、本人に全く収入のない専業主婦においては、プロミスの場合申し込みを行う事は出来ません。
そして、プロミスが審査を行う際に行っている方法は「属性スコアリングシステム」といって、申込者を属性ごとに分類して点数化するする方法です。これは、審査項目ごとに分類し、その項目とは、勤務先や勤続年数、年収などの勤務状況などの仕事関係のほか、年齢や家族構成。賃貸か持ち家なのかの居住形態、また、居住年数。その他、電話区分や加入保険種別などになっています。
これらを細かく分類し点数化する事で、審査の結果を出す事ができるシステムをとっています。
この分類の際に有利と言われている人はと言うと、独身より信頼性の高い既婚者。また、賃貸より引越しする事が難しい持ち家。
仕事においては、やはり、公務員が一番で続いて、正社員でも大手企業、中小企業と言う順になっています。また、年収においても高収入の方が有利になる事は間違いありません。とは言っても、一般的に年収が400万円以上あると審査基準をクリアする事ができると言われています。
勤続年数においても、長ければ長いほど信用性が高いとみなされます。
その他、意外な事にキャッシングの場合、初めての利用者より、何度も利用している人の方が審査が有利に働くといった傾向があるようです。これは、あくまでも、きっちりと返済を行っている人に限りますが、毎回、しっかり返済を行って来た人の場合、取引実績が多い方が有利なのです。
これらのように、プロミスに審査を申し込む場合、これらの点を基準に審査されているという事を分かったうえで、申し込みを行うと良いと思います。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です