Warning: Illegal string offset 'sheader_upload' in /home/deaou/ufjt.org/public_html/wp-content/themes/9021/header.php on line 84
【プロミス】審査に通らない7つの理由!即日審査で気をつける3ポイント

プロミスではどんな審査を行っているか

プロミスではインターネットで申し込みするとまず自動審査が開始されます。
自動審査はコンピュータが行っており、お申し込み時に入力された情報をもとにすぐに仮のご契約可能額をお知らせしています。
自動審査はまだ仮の審査なので、その後に本審査が開始されます。
本審査では審査担当者が直接行っており、最短30分ほどで正式なご契約可能額を知ることが出来ます。
プロミスの審査がスピーディーなのはこういったコンピュータでできる審査はコンピュータに任せて、
コンピュータでできない審査は審査担当者が行っているからです。
プロミスのフリーキャッシングでは最大500万円までのご利用限度額をご用意しています。
どなたでも最大500万円借りられるのではなく、審査によって適切なご利用限度額が設定されます。
新規でお申込みされた場合は、50万円くらいまでのご利用限度額が設定されることが多いです。
このご利用限度額はお申込者の返済能力や信用力などによって変わります。
勤続年数が長かったり、賃貸ではなく持家だったり、正社員で安定した職業に就いていたり、年収が多かったり、
他社からの借入総額が0だったり、借入件数が少ない方は返済能力や信用力が高いと審査で判断されてご利用限度額が高くなります。
ご利用限度額が足りないときには半年ほど遅延のないご利用実績を積み重ねてから増額申請されると認められることがあります。
プロミスの審査では勤務先への在籍確認も行っています。
インターネットで申し込みされたときに入力した勤務先の電話番号にかかってきます。
プロミスの会社名を名乗ることはなく、在籍確認担当者の個人名で電話がかかってきますので、
勤務先の人にお金に困っていると知られることは少ないです。
個人名でほとんど電話がかかってこない場合は何らかの在籍確認だと分かってしまうことがありますが、なるべく知られないように配慮はしてくれます。
在籍確認まで進めばもう審査に通過したようなものですが、そんな人は居ないと言われ在籍確認が取れなかったら審査に落ちてしまいかねないです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です